FX取引の仕組みを解説

FX取引は2つの通貨をペアとした取引であり、レートの変動によって損益が発生する仕組みです。

FX業者に口座を作り、証拠金を入金して取引を行います。

売買の注文はインターネットで行え、パソコンだけでなく携帯電話などの端末で利用できるアプリケーションもあるため、インターネットに接続できる場所であればどこでも取引を行えます。



市場は日本だけでなく世界中にあるため、土日を除いて24時間取引を行え、昼間は時間が取れない人でも利用できます。


FXでは証拠金よりも大きな金額を使って取引を行えるため、少ない投資金額で大きな儲けを出せる可能性があり、この仕組みをレバレッジと呼びます。


これは損失が膨れ上がる危険性もあるため、個人で取引する場合は国内業者であれば最大で25倍までに規制されています。



なお、レートの変動で証拠金を超える損失が出ないように、損失が一定以上になると強制的に決済を行うロスカットと呼ばれるシステムがあります。
これにより安全に取引できますが、ロスカットが起きると損失が確定するので、利益を出すためにはできるだけこれが起きないように取引をします。
FXの取引では基本的に手数料はかかりませんが、実質的にこれに相当するスプレッドがあります。



これは通貨の買値と売値の差を表すもので、この値が小さいと利益を出しやすくなります。

決済の回数が多いデイトレードで特に重要になります。

また、2つの通貨を表すスワップがあり、毎日金利差の損益が発生ます。


大きいほど利益を出しやすくなり、長期保有で重要になります。